HOME > 事業案内 > 業務内容(得意分野) > 加工・成形解析

事業案内

加工・成形解析

加工・成形解析 CAE解析を活用した加工シミュレーションで、問題予測とその対策を検討

鋼板のプレス成形での素材変形量や、樹脂・鋳物の成形過程での溶融素材の流れ等を計算で再現。問題を事前に対策し、より良い型づくりに取り組んでいます。

解析項目

プレス成形時の金属の変形や樹脂パーツの成形の進行状況、ボディの剛性等をCAE解析(※)します。
※CAE(computer aided engineering:コンピュータ技術を活用して製品の設計、製造の事前検討の支援を行うこと)

  • プレス成形解析
  • 塗装模厚解析
  • 樹脂流動解析
  • 鋳物成形解析
CAE解析の例

CAE解析の例を動画で紹介します。さまざまな条件を設定することで、実際の成形時と同じ状況をシミュレーションすることができます。

これは、プレス品が成形される過程を表したもので、鉄板をプレスするときにできるワレシワ等の不具合をなくすための最適条件を考えるために使います。実際には、約1秒の成形時間です。

これはバンパーの樹脂の流動状況を計算表示したもので、型に樹脂を流しこんで成形する状態を見ることで、どのあたりで不具合が起こるかを推測し、対策を考えます。