HOME > 事業案内 > 業務内容(得意分野) > デジタルシミュレーション

事業案内

デジタルシミュレーション

工程検討 デジタルツールを活用して、生産ラインの構成や作業性の事前検討を実施

デジタルを活用した工程検討は、今や自動車の生産準備に欠かせない業務です。実際に生産ラインを作る前に工程を検討することでやり直しを防止し、さらに、車の生産までの期間を短縮することができます。

検討項目

工場全体の生産ラインレイアウトや製品を生産する工程の構成、それらを構成している設備の仕様、そして、各設備にかかわっている作業者の作業性等をデジタルで検討します。

  • 溶接ロボットレイアウト検討
  • 設備成立性検討
  • 工場企画成立性検討
  • ワーク搬送時の干渉確認
工程検討の例

工程検討の例を動画で紹介します。下記の例は、室内の天井内装品の搭載性の検討です。作業者が持ち上げて搬入設備に置いて、室内に搬入するという一連の動きを検討します。

デジタルシミュレーション 工場設備や機械の3Dデータを使って、不具合の予測やサイクルタイムの検証を実施

自動車の生産工場では様々な設備や機械がありますが、これらの3Dデータを活用して、不具合予測やサイクルタイム検証を行い、問題の早期見える化によるハイレベルなクルマづくりの実現に貢献しています。

シミュレーション項目

例えば、工程サイクルが所定の時間内で無理なく収まるか、工場内の設備据付は数多くの設備業者が同時進行で進めるため、その手順を時間軸に対してどう進行するか、工事の干渉はないか等をシミュレーションすることで、問題の早期発見や品質向上、リードタイムの短縮を実現しています。

  • 溶接ロボットシミュレーション
  • 設備機能性検討
  • 設備成立性検討
  • 移載成立性検討
シミュレーションの例

ロボットのオフラインティーチ(溶接ロボット)の様子がわかる動画です。

実際のロボットの動きを、コンピュータ上でシミュレーションして確認します。

AR/VR技術

既に生産準備に使われているVR(Virtual Reality:仮想現実)技術だけでなく、AR(Augmented Reality:人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術および拡張された現実環境)技術の活用・推進にも取り組んでいます。
AR技術により、コンピューター上だけでなく、現実空間でのシミュレーション・検討等が可能になります。

  • 実際の工場で可視化されたAR画像例
  • ARのイメージ画像