HOME > 事業案内 > TPECとは

事業案内

TPECとは

ひとことで言うと デジタルエンジニアリングを駆使して「モノづくり」を革新する企業

TPECは持続的な成長を目指し、常に将来のあるべき姿を考えながら、デジタル技術を活用した新たなプロセスを提案。
より安全で高品質・高効率な生産ライン・生産工程の追求を通し、もっと喜ばれるクルマづくりの実現に向けて、様々な取り組みを行っています。

TPECの使命 高効率で高品質なクルマづくりの支援

モノづくりの中でもTPECが関わるのは、製品をつくるための生産準備や製造環境づくりです。
トヨタ自動車の生産技術部門や製造部門と協力し合い、新しいクルマが開発される度にそのクルマづくりに最適な生産ラインの計画に携わっています。
また、生産ラインの構築過程では、設備メーカーやトヨタ自動車の生産工場、ボディメーカー、国内・海外事業体とも連携し、この検討プロセスをグローバルに展開します。

さらに詳しくは「TPECの役割」へ

TPECの業務分野 デジタル生産技術でTOYOTAのモノづくりを具現化

生産準備の様々な課題を常に把握し、日々改良されたデジタル技術を活用しながら、高品質・高効率な「モノづくり」生産ラインを具現化していくことが、わたくしたち(株)トヨタプロダクションエンジニアリングの使命です。
常に最先端のデジタル技術を駆使して、「品質」「生産性」を満足させる設備計画や工程計画を提供することで信頼と実績を築き、「モノづくり」産業全体の発展へ幅広く貢献していきます。

デジタルエンジニアリング分野 計測/データ準備 車両を構成する製品データや工場・設備などのモノづくりデータを収集・整備し、デジタルエンジニアリングに活用 加工・成形解析 CAE等のデジタル解析ツールを活用し、加工や成形の進行状態や部品の変形状態をシミュレーションして、良品条件を確立 デジタルシミュレーション 最先端のシミュレーションソフトを開発・活用し、品質・安全性・生産性・コストを満足させる最適なライン構成を提案 型・治具設計/モデリング 3Dで型・治具を設計・モデリングし、デジタル検討することでラインでの生産品質を向上

フィールドエンジニアリング分野 工程整備支援 生産ラインの機能・品質の確認およびデジタル検討の成果検証

さらに詳しくは「業務内容」へ