ROLE

技術開発分野次世代技術の開発

MISSION わたしたちの使命

デジタルツインの実現にむけて、
新たなツール開発を

設備からの画像検査データを収集し、『AI』による良否判定に活用したり、目に見えないものを見える化しCAEソフトの精度向上に利用するなど、デジタルツインの実現にむけて、新技術の実験・実証に取組んでいます。また、社内の確立されていない技術に取組み、デジタルエンジニアリング・フィールドエンジニアリングそれぞれへ技術提供を担っています。

OBJECTIVE わたしたちの目指すところ

デジタルとリアルの融合に向けてのデータ収集と、
データ作成(リアルの再現)と活用を加速するためのツール
開発や、新技術の実験・実証に取組んでいます。

  • 目に見えないものを見える化し、CAEソフトの精度向上に貢献
  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所、
    社外の産官学との連携で将来の自動車生産技術分野への新技術の適用を狙う

SERVICE わたしたちができること

次世代ロボットセル開発

CPS(CyberPhysical System)を核としたモノづくりを、次世代ロボットセル開発を通して実現する取り組みを行っています。

  • 実工場のあらゆる活動を仮想工場で再現
  • 人では解決困難な多種多様な事象をリアルタイムに仮想工場で再現・最適化
  • 画像認識によるランダムピッキング
  • 無軌道AGV×協業ロボット
  • 配線・配管レス
  • エリア検知、安全柵レス

*2020 年版ものづくり白書より

ローカル5Gの活用

5Gの高速・大容量回線を活用した、工場内の新しい通信網の実証実験を開始しました。

図:ローカル5Gの活用 図:ローカル5Gの活用

IoT

設備からの検査画像データを解析し、目視検査工程の自動化を行いました。

BLE*無線センサー

*Bluetooth Low Energy

電源線、通信線レスのモニタリングシステム。市販センサーと合体し温度振動ひずみ電圧を計測。配線が面倒な計測に最適で、無線なので配線の取り回しは不要です。

図:BLE無線センサー 図:BLE無線センサー

応力発光塗料

目に見えない応力変化を特殊塗料の光により可視化を実現。車両設備等、幅広い用途で活用可。発光輝度で応力分布がわかり、CAEとの比較が容易になります。

図:応力発光塗料 図:応力発光塗料

気流可視化

目に見えない気流の流れをレーザー光により可視化。解析ソフトにより気流の強さ方向をベクトルで表示し、CAEとの比較が容易になります。