ROLE

DIGITAL ENGINEERING分野計測技術

MISSION わたしたちの使命

工場内のあらゆるものを3D化
(データ化)する

計測には、製品の品質を確認するための計測と、工場や設備を3D化するための計測があります。例えば、既存の工場・設備のレイアウト変更にあたって、レーザースキャナ等を使って、工場を3Dデータ化。正確かつ安全な工事計画・レイアウト検討を可能にし、やり直しの低減、費用低減、時間短縮に寄与しています。

OBJECTIVE わたしたちの目指すところ

工場/設備/治具の3Dデータ化。

現地状態を正確に再現し、工事の検討や品質解析に活用します。

  • 生産準備時間の短縮
  • 車両切替における設備導入検討
  • 検討精度の向上・デジタル検討精度の向上
  • 現地現物の正確な再現

SERVICE わたしたちができること

工場・設備の3D計測

大規模な自動車工場をレーザースキャナなどで計測し、全て3Dデータ化。設備のレイアウト検討や工事計画に活用します。計測したデータを使って各種検討に活用し、精度の高い検討に貢献します。

写真:工場・設備の3D計測

設備・治具の3D計測

  • ワーク(部品)を固定する治具などの対象物が小さなものは、小型のハンディスキャナやARM式計測器、小型カメラを使ったモデル化手法を対象物に合わせて選択し、お客様のニーズに合わせたデータ提供が可能です。
図:設備・治具の3D計測 図:設備・治具の3D計測

車両・金型の3D計測

自動車の部品は要求精度が高いため、ニーズに合わせて高精度な計測対応も可能。計測データは金型のリピートや、不具合の早期発見に活用しています。

図:車両・金型の3D計測