ROLE

TPECの役割

クルマが販売されるまでの流れ

図:クルマが販売されるまでの流れ 図:クルマが販売されるまでの流れ

生産技術(量産準備)を中心に、トヨタのクルマづくりの各プロセスをデジタルで支援
「もっといいクルマづくり」を実現します。

TPECの役割

技術開発分野、デジタルエンジニアリング分野、フィールドエンジニアリング分野の3分野の連携により、
デジタルツインを推進します。

図:TPECの役割 図:TPECの役割

「モノづくりにおけるデジタル技術」の拡大による、製品と工程のデジタルツインを実現し、デジタルプラットフォーム構築と5Gを活用したスマートファクトリによるCPS(Cyber Physical System)を核としたモノづくりを目指します。

技術開発 デジタルエンジニアリング・フィールドエンジニアリングを支援

デジタルツインの実現の為、デジタルツールの開発や実験・実証を行い、デジタルエンジニアリングと、フィールドエンジニアリングの
発展に貢献しています。

DIGITAL ENGINEERING リアルをデジタルへ

自動車生産技術(量産準備)実現における技術課題を解決するため、リアル(工場)空間にある情報をIoTなどで集め、送信されたデータを元にサイバー(仮想)空間でリアル空間を再現(デジタルファクトリー)していきます。
デジタルツインを実現することで、工場の将来の変化をデジタルファクトリーでシミュレートすることを可能とし、将来起こりうる物理空間での変化に備えることができます。これはTPECの業務の使命でもあります。
バーチャル上にリアルな工場(ライン)を再現し、様々なシミュレーションを行い、将来起こりうる課題の発生防止に貢献します。

FIELD ENGINEERING デジタルをリアルへ

デジタルエンジニアリングを活用し、高品質・高効率なラインを素早く立ち上げます。